2016年3月6日日曜日

「落語 唐茄子屋政談 を聞く会」を開催します

秋風亭てい朝
落語の『唐茄子屋政談』を聞く会が広島市民劇場の大手町事務所で開催される。
4月例会前進座公演『唐茄子屋』、舞踊狂言『棒しばり』の担当サークルが企画し主催する。
広島を中心に活躍している落語家秋風亭てい朝さんに来ていただく。



312()14:0016:00
大手町事務所

木戸銭 300



2015年10月28日水曜日

『王女メディア』参加に当たっての注意事項

明日、29日と30日は安佐南区民文化センターで
11月2日と3日はアステールプラザで
『王女メディア』の例会が始まります。


■上演時間2時間で休憩がありません
■演出の都合上、開演後5分間は入場できません
■舞台を21℃まで冷やします。当然客席にも冷気が入り込み冷えます。必ず防寒対策をおこなってください。ひざ掛け、ショール、上着等

2015年4月26日日曜日

『OH!マイママ』の魅力にであう会の裏では、来年度の会場取りのため会員が順番待ち


4月13日(月)は安佐南事務所で、4月14日(火)は大手町事務所で
6月例会劇団NLT公演『OH! マイママ』の魅力にであう会が、劇団代表の川端槇二さんを迎えておここなわれた。
一方では、
来年度4月例会(4月15日・16日、上野学園ホール)の会場取りに会員が交替で、事務所前で順番取り。
1年前の9時に先着順に受付が行われるので、確実に会場取りするためにはそれ以前から並ぶことにになる。同日日の希望者が先に並んでいたら取れないということになる。
順番取りは昔と比べ改善されてきた。
深夜は並ばなくてもよくなったし、会館がテーブルや椅子を用意してくれる。人が出入りする度に玄関から外気が直接入ってくる場所、足もとが冷えるということで暖房機まで用意してくれる。
川端さんの講演があるので、13日は大手町事務所、14日は安佐南事務所に所属する会員が担当した。
写真は交替するタイミングで2人いるが、ほとんどの時間帯は1人が1時間から3時間ごとに順番待ちを行った。

2015年4月9日木曜日

アステールプラザ開場後のロビー風景


2015年4月8日(水)12時44分
『海霧』例会会場風景
Androidスマートフォンのパノラマ撮影を使ってみました。

2015年3月11日水曜日

『海霧』第3回集会初日の昼が終わって

集会の話し合い、座席シール発行に向けた準備作業も終えて、残った人たちで会員手造りのケーキとお茶で一息ついているところです。

2015年3月3日火曜日

サークルづくりを最優先課題として、前例会クリアを続けよう

開会の挨拶をする増田幹事長
2015年3月1日(日)13時30分より市民交流プラザ(中区袋町)で、広島市民劇場第55回定期総会が開催されました。

2015年2月19日木曜日

『海霧』の魅力に出合う会、大手町事務所に100人あまりが参加


2月19日(木)広島市民劇場大手町事務所で劇団民藝の伊藤孝雄さんを迎えて4月例会『海霧』の魅力に出合う会を開催しました。
最終的な人数は確認していませんが、昼の部で60人あまり、夜の部で40人余りの参加がありました。伊藤さんからは色紙のお土産を大手町事務所に8枚いただきました。
会員を増やして運営担当サークルの第5回集会で、みんなで分け合おうということになりました。

担当でなくても会員を増やしたサークルは第5回集会に押しかけて主張しても良いのではとの発言もありましたが、第5回集会のお楽しみです。
会員を増やして第5回集会を迎えましょう。

2015年2月13日金曜日

中国ブロック公演最終日


2月13日の広島市民劇場例会が、中国ブロック最終公演でした。
最後の「見上げてごらん夜の星を」の曲に合わせて担当サークル手作りの黄色い星を、全員で振りました。
カーテンコールには「千秋楽おめでとう」のプラカードも用意しました。



*中国ブロック=上記タブ「中国地方の演劇鑑賞団体」参照

開演前、終演後にロビーコンサート

2月例会ミュージカルカンパニーイッツフォーリーズ公演『見上げてごらん夜の星を』。
開場間もなくロビーで劇団が歌と演奏で入場者を出迎えてくれました。
曲はもちろん「いずみたく」さんの曲です。(y)

2015年1月20日火曜日

2014年度広島市民劇場賞が決まりました

写真は賞の決まったあと2月に迎える『見上げてごらん夜の星を』の担当から訴えと報告がされているところです

1月18日(日)広島市民劇場賞を決める会が開かれました。安佐南、大手町とそれぞれの会場毎に話し合いをおこない、電話で投票数をやり取りし集計された結果として決定されました。
広島市民劇場賞を決める会はサークルの代表者が集まり、テーブル毎に話し合い、サークル単位で1票を投票します。
この集まりは市民劇場賞を決めるだけでなく、今年1年間の例会の魅力を発表し、担当する例会ごとに別れたテーブルで、さらに魅力を話し合ったりどのように担当を進めていきたいかを話し合います。

市民劇場賞は以下のように決まりました。

例会賞 『夢千代日記』

男優賞 鈴木瑞穂さん
女優賞 今村文美さん

その他候補として参加サークルから票の入った出演者の方(あいうえお順)
男性/大鷹明良、小嶋尚樹、角野卓造、亀岡幸大、進藤健太郎、高橋佑一郎、武井茂、辻萬長、津田恵一、仲代達矢、柳生啓介、横手寿男、脇田康弘、
女性/岩崎加根子、川口敦子、栗田桃子、塩田朋子、剣幸、中村たつ、田中世津子、宮本裕子